スタッフブログ

配筋検査

昨日、小泉の現場の基礎配筋検査に行ってきました。

検査は、使用している種類や場所、太さ(径)、本数、間隔、継ぎ手の長さ等を確認します。

一般的には10mm~13mm、太くても16mmの太さの鉄筋を木造住宅では組んで

いきます。

テクノストラクチャー工法では、木造住宅ではまず使われない19mmや22mmの太い

鉄筋を、緻密な構造計算を根拠にした負荷が掛かる箇所へ使用します。

配筋を実施した方も19mmの鉄筋に「木造じゃ他で見たことないっすね~」

等と話をしながらも配筋を無事確認してきました。

今日は朝一からコンクリート打設確認です。