スタッフブログ

kyokoyama

歩行者優先

今回のテーマは自戒の念が主になっています。

自動車で道路を走行していると、

菱形のマークが二つ続いているのをよく見かけると思います。

『この先に横断歩道がありますよ』のマークです。

横断歩道で歩行者や自転車が渡ろうとしていたら、

車は止まらなくてはならないのはご存じですか。(道交法38条)

(横断歩道以外でも横断を妨げてはいけないのですが・・・)

これは、自分の前の車が信号も無いのに突然停まるかもしれないということでもあります。

そう思うとスピードは出せなくなりますし、

スマートフォンなんかとても見ていられません。

菱形マークを見るたびに安全運転に意識がいけば、

事故はかなり減るのではと感じています。

「法律・ルールを守りましょう」ばかりでなく潜在意識に働きかけるような

交通事故を減らす試みが普及しなくてはいけないような気がします。

 

(横断歩道等における歩行者等の優先)
第38条
車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。