スタッフブログ

超プラス思考な「不健康男」

河原崎建設夏祭り後の8月26日頃より、体の怠さに加えて

食欲不振、またお酒もタバコも体が受け付けなくなって

少し若いけど、いよいよキタか・・・と諦めかけていた私。(・_・;)

 

9月24日(火)に会社指定の「健康診断」を行ったのですが、

問診した先生から過去2年分の診断結果を見せられまして。

 

ある項目で、「D判定」と「F判定」が・・・。(-_-;)

 

今年の診断結果は、治療中(高血圧症)の主治医に見せて

しっかりと相談して下さいね! との事。

 

先日、診断結果が届き病院に行く前に中身を確認すると

「D判定」が「A判定」、「F判定」が「D判定」に!!!

 

主治医からも「医者としてこんな言い方は良くないが、

メタボの割には数値(診断結果)が良いんだよなぁ。」との言葉。

 

そもそも「F判定」は、一番悪い判定結果で、要治療なのですが

D→A、F→Dという結果は、私にしてみれば「健康そのもの」。( ´∀` )

 

急に食欲も復活して、お酒もタバコも今まで通りの始末。

気持ちも楽になり、体の怠さも消えてしまったような気が・・・。

 

自分の人生を振り返り、やり残した事は何もなかったので

「俺の人生47年、まぁいいか!」と諦めておりましたが、

人間というのは欲深いもので、こうなるとやりたい事が色々と。。。

 

『病は気から』 よく言ったものですね。

短い人生、もう少し楽しんでみたいと思います!!

 

M.W(超プラス思考な「不健康男」。わが生涯に一片の悔いなし!!)