スタッフブログ

お引渡しをするたびに

私が設計をする上で大切にしていることは

環境や景観を踏まえ、また不動産価値という日本独特の考え方の面からも

親から子、子から孫へ代々愛される建物を計画することです。

 

刻一刻と人も建物も歳をとることを忘れず「味わい深さのある家」に

なってくれると良いと思いながら図面をひきます。

 

お引渡しをするたびに、こんなことをいつも思っています。